健康なカラダのヒミツは水素にありました「-600mV 水素水」[清涼飲料水]

飲み方のポイント

「-600mV 水素水」330ml
20 本入り

¥5,600円  (税抜)

「-600mV 水素水」530ml
10 本入り

¥4,760円  (税抜)

「-600mV 水素水」530ml
30 本入り

¥14,280円  (税抜)

→定期購入申込

本当においしい真面目な水ができました。

高い技術力から生まれた、「-600mV 水素水」誕生秘話

「-600mV 水素水」をつくっている会社の母体は、化成品や工業用品の製造会社。日頃の製造業に加え、新しい時代に向けてできることを真剣に考えていた社長はある日、自社の技術を使い次世代の代替エネルギーを見出すことはできないかと考えました。そこで着目したのが、大きな爆発力を持つ「水素」でした。早速プロジェクトを発足させて研究を重ねた結果、液体に溶けにくいながらもその還元力がすぐれていることが判明。自社の高い技術力を使って醤油、エタノール、ジュース、水、豆乳など、さまざまな液体に水素を溶かして試行錯誤を繰り返しました。

その結果、評判や反応が一番良かったのが、基本的な物質である「水」でした。さらに独自の技術によって、飽和ギリギリまでの高濃度の水素を含ませることに成功。多くの人にこの良質な水素水を飲んでもらえたらと商品化を実現させ、「-600mV 水素水」が誕生したのです。

日頃の誠実なものづくりと高い技術力から生まれた真面目な水「-600mV 水素水」を、ぜひお試しください。

おいしい水のワケ

「-600mV 水素水」のご愛飲者様からよく「本当においしいお水ですね」というお声をいただきます。水のおいしさは、蒸発残留物、硬度、遊離炭酸、過マンガン酸カリウム消費量、臭気度、残留塩素、水温によって決まります。「-600mV 水素水」はこれらの条件をクリアしており、硬度も54mg/Lと日本人が慣れ親しんでいる軟質の水。何度も漉過をして余分なものを取り除いた水を使用しているため、おいしい水ができるのです。人間の身体の約60%は水分です。健康な身体を維持するためにも、おいしく、カロリーもゼロの水をしっかり補給しましょう。

口コミで広がった「-600mV 水素水」の愛飲者

「-600mV 水素水」をお飲みいただいたお客様は、リピーターとなられる方が多数。さまざまなお水を試した結果、この水素水にいきついたというご愛飲者様もいらっしゃいます。広告をあまり出していないにも関わらず、お飲みいただいた方からの口コミでそのファン層は確実に広がっています。

こんな方へ…こんな時に…ご意見・ご感想がございましたら、お気軽にメールしてください

Voice!

「-600mV 水素水」をご愛飲の皆様からいただいた実感の声をご紹介いたします。

  • 「朝起きて飲むと、身体がスッキリ目覚める」
  • 「良い体調が維持できている」
  • 「のどにす?っと入っていく」
  • 「特別なニオイなどもなく、飲みやすい」
  • 「お酒をこの水で割ると味がまろやかになってオイシイ」
  • 「持ちやすく、手軽に飲める」
  • 「花粉症の症状が軽減したように思います」
  • 「冬場の静電気、バチッってくるのが、水素水を飲みだしてからなくなりました!」

 

水素水「-600mV 水素水」3つのパワー

強い還元力をもつ水素水「-600mV 水素水」

-600mV 水素水の還元力「-600mV」という水素水の商品名は、水素水の最大の特徴である、酸化還元電位の数値をそのままブランドにしました。プラスになるほど他の物質を酸化させやすく、マイナスになるほど還元させやすいので、-600mVということは、大変強い還元力を持った水素水であることを示しています。“酸化”“還元”という生命維持活動にも通じる基本的な反応が、この商品の発想の原点なのです。

※ 酸化還元電位とは、酸化物質であるか還元物質であるかを表す指標です。

酸化還元電位

高濃度水素水「-600mV 水素水」

「-600mV 水素水」は、なんといっても水素の含有量が多いのが特長。電気分解水の10倍、水道浄化水の10万倍もの豊富な水素を含んでいます。トップクラスの水素量を誇り、強い還元力を持っているこの「-600mV 水素水」は、水素のパワーが大きく働くことが期待されます。

電気分解していない、カラダにやさしい中性の水

中性の水「-600mV 水素水」水素水をつくる電気分解アルカリ還元水などは、電気分解することで水素を含有させるのですが、pH値はアルカリ性になってしまいます。一方、当社の水は体液のpHに近い電気分解していない中性の水。腸内のpH値にも近いので赤ちゃんからお年寄りまで毎日安心してお飲みいただけます。

水素水は、こんな水!

【釘サビ実験】   【DPPHラジカル消去能試験】

水道水と水素水に、鉄釘を入れて、サビの進行具合を実験。2日後、水道水にはすでに鉄サビが沈殿していますが、水素水の鉄釘はサビていません。

水道水水素水

 

DPPHラジカル消去能とは、抗酸化の指標と言われ、活性酸素やフリーラジカルを消去する能力を表します。数値が高いほど、抗酸化力があります。

崇城大学工学部 応用微生物工学科 大庭研究室にて実施※不対電子。自由に動き回る電子を持った分子構造のことであり、他の物質にぶつかると連鎖反応を引き起こす性質をもつ。病原体とも結びつきやすい。

【臭気強度実験】    

ざるの上にのせたカタクチイワシを2リットルの水道水と水素水にそれぞれ連続2回つけるのを、1回の洗浄として実験し、臭気判定士6人が4段階で評価した平均を結果としています。

   

 

 

お問い合わせページトップへ